スポンサーリンク

メーカーが飲食業参入のワケ(WBS)

おにぎり専門店 BBQレストラン メーカーが飲食業参入のワケ…:
ワールドビジネスサテライト:2019年5月28日(火)放送
テレビ東京ビジネスオンデマンド https://txbiz.tv-tokyo.co.jp/wbs/feature/post_178173/?code=iGcxVJlcQZUGZfQb

大阪・北新地「おにぎり竜」( 2019年4月オープン )
炊き立てのご飯を、注文を受けてから目の前で握るおにぎり専門店。具材は23種類。
このお店を共同企画したのは大手炊飯器メーカーのタイガー魔法瓶

日本の米の消費量は、1962年をピークに減少している。
<米の年間一人当たり消費量>
1962年:年間118.3kg
2016年:年間54.4kg
それに伴い、炊飯器の市場も縮小している。
そこで、米のおいしさに気付いて欲しいと、卸売業者等と連携しおにぎり専門店を立ち上げた。

本業への危機感を背景に飲食業に参入する動きは他にもある。

東京駅すぐ近く・屋外型のバーベキュー施設「ザ・ファーム・トーキョー
材料とグリルが用意され、都会の真ん中で手ぶらでバーベキューを楽しむことが出来る。
4月のオープン以来、中々予約が取れないほどの人気。
2時間半5,500円~(2時間飲み放題付き)

この施設を運営するのはトラクターなどの耕運機を製造する「ヤンマー」。
ヤンマーが目指すのは、生産者と消費者の橋渡しとなり、農業の活性化を支援すること。
店で使う素材を直接農家から仕入れることで、農家を支援している。

(ex.)養父産にんにく(兵庫県養父市):寒暖差が大きい土地で育ち、甘みが強くジューシー。
全国的な知名度が低くPRが課題であったが、「ザ・ファーム・トーキョー」では養父産にんにくを積極的にPRしている。
三種のグリルドソーセージ&新じゃが串:480円
やぶ医者にんにくソース:760円


おにぎり竜
住所:大阪市北区曽根崎新地1丁目1-16クリスタルコートビル103
(JR東西線「北新地駅」から徒歩5分)
営業時間:18時半~深夜
座席数:カウンター10席
定休日:日曜日・祝日
※元WBO世界ミニマム級チャンピオン・山中竜也さんのお店でもあります。
参考:https://f-weeklyweb.com/kansai20190424/

THE FARM TOKYO(ザファームトーキョー)
場所:東京都中央区八重洲2丁目1−1(東京駅八重洲口)
開催日時:4月5日(金)〜10月31日(木)
営業時間:
[平日]BAKERY & COFFEE11:00-20:00/PREMIUM MARCHÉ11:00-20:00/GRILL BAR15:00-23:00/BBQ16:00-23:00
[土・日・祝]BAKERY & COFFEE11:00-20:00/PREMIUM MARCHÉ11:00-20:00/GRILL BAR11:00-23:00/BBQ10:00-23:00
※天候不良により、営業を休止する場合があります。
※BBQは事前予約制です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました