スポンサーリンク

新たな飲食店!? 「ゴーストレストラン」(WBS)

新たな飲食店!? 「ゴーストレストラン」が続々のワケ:
ワールドビジネスサテライト:2019年8月21日(水)放送
テレビ東京ビジネスオンデマンド https://txbiz.tv-tokyo.co.jp/wbs/newsl/post_184100/


東京・中目黒「KitchenBASE
ここでは4つのキッチンをそれぞれ異なる飲食店がシェアしているが、客席は設けられていない。

自前で店舗を持たず、間借りしたキッチンなどで料理を提供する飲食店は「ゴーストレストラン」と呼ばれている。発祥はニューヨーク。
客から注文が入ると料理を作り、ウーバーイーツや出前館といった配達代行サービスが配達を担う。出店する飲食店は調理に専念出来る。
配達代行サービスの成長が追い風となり、日本でも「ゴーストレストラン」は徐々に増えつつある。

飲食店は開業から1年で3割弱が廃業していると言われる。何が駄目で失敗したのかすら分からないまま廃業するケースも多い。
飲食店の新規出店には1,000万円程度かかるケースもあるが、例えば「KitchenBASE」の場合は初期費用が約50万円で済む。家賃や光熱費などの諸経費(ランニングコスト)が別途月額数10万円程度必要だが、より少ない資金で気軽にチャレンジ出来る環境は今の時代にマッチしているといえる。
なお、配達のみでなくテイクアウトサービスも新たに開始した。配達・テイクアウトどちらも8%の軽減税率で料理を提供出来るという点でメリットがある。


KitchenBASE」 運営会社:株式会社SENTOEN
今後は都内を中心に出店を増やし、今後3年で100店舗の出店を目指している。

コメント

タイトルとURLをコピーしました