スポンサーリンク

神戸牛680円から!「神戸牛牛(こうべぎゅうぎゅう)」

令和 外食サバイバル(2) 神戸牛680円!焼肉価格競争:
ワールドビジネスサテライト(WBS):2019年1月27日(月)放送
テレビ東京ビジネスオンデマンド https://txbiz.tv-tokyo.co.jp/wbs/newsl/post_195191/


2020年1月29日(水)に大阪にオープンした、神戸牛焼肉「神戸牛牛」。
日本一高級と言われる神戸牛を、日本一リーズナブルに提供することをコンセプトにしている。
(「神戸牛」とは、但馬牛の肉のうち「霜降りの度合い」などの基準をクリアした牛肉を指す。)

値段は、驚きの1人前680円からである。(最安:「神戸牛カルビ」税抜680円)
日本一安い神戸牛の店を謳っており、より安い値段で「神戸牛」を売っている店を見かけた客には「情報料1万円」を提供するキャンペーンまで実施する徹底ぶりである。
その自信の背景には、コストカットのための様々な工夫がある。

①店の狭さ
狭くなればなるほど客の滞在時間は短めになる傾向があるため、 ぎゅうぎゅうに座ってもらうことで、客の回転率を上げる。
(映像では従業員が通りにくく、オペレーションが悪くなりそうにも見えましたが…)

②独自の調達ルート
直接競りで肉を確保する独自の流通ルートあで、中間手数料を抑える。

③系列チェーンでの食材活用
焼肉に使えない肉は、系列チェーンの居酒屋でメンチカツ等に利用して食材の無駄を無くす。

④客がスマホで注文
客がスマホで注文するなど客の手を借りることで、人件費の削減を狙う。

価格競争が過熱する中、敢えて高級な神戸牛だけに絞ることに商機を見出している。
神戸牛の知名度は高いものの、高級なだけに食べたことが無い人が多数であるためである。
今回オープンの店は20坪程度であるが、月商1,000万円以上を叩き出す店にしたいとのことである。


「神戸牛牛」
〒541-0054 大阪府大阪市中央区南本町3-5-5 プラスビル1F
(地下鉄御堂筋線・中央線 本町駅 徒歩1分)
ランチ 11:00~15:30(L.O.15:00)
ディナー 17:00~23:30(L.O.23:00)
※最新の営業情報は店舗ページにてご確認下さい。

<ぐるなび>https://r.gnavi.co.jp/epcrwga00000/
(メニュー)https://r.gnavi.co.jp/epcrwga00000/menu1/

コメント

タイトルとURLをコピーしました