スポンサーリンク

石灰石由来の新素材「LIMEX」(ライメックス)

食品包装も脱プラ 意外な新素材で挑戦:
ワールドビジネスサテライト(WBS):2019年10月17日(木)放送
テレビ東京ビジネスオンデマンド https://txbiz.tv-tokyo.co.jp/wbs/newsl/post_188275/


ミートボールなどのレトルト食品で知られる石井食品は、
脱プラスチックに向けて、ベンチャー企業のTBMとの食品包装の共同開発を進めることを発表した。
記者発表の場でお披露目されたおせち用の包装容器は、プラスチックの代替製品として注目されている「LIMEX」(ライメックス)という素材で出来たものである。

この新素材LIMEXの主原料は石灰石。
石灰石は世界にほぼ無尽蔵に存在し、安価に入手出来る。
この石灰石に樹脂を配合して出来るLIMEXは、製造にあたり木や水をほとんど使用しない。
ペーパー状にしても中々ちぎれない程の耐久性に、水の中でも字が書けてしまう程の耐水性が特徴である。
主力製品をLIMEX製の容器に切り替えることが出来れば、年間約232万トンもの石油由来プラスチックを削減出来るという。

~石井食品・石井社長~
実証実験を繰り返しながら、今後耐熱性や強度、コスト、製造効率化等を高めていくことが課題。
また、プラスチックは使い慣れた素材のため、新しい物への切り替えの課題も多いと思われる。

~TBM・山崎CEO~
脱プラスチックへの機運を背景に、日本では4,500社以上、海外からも大陸ごとに偏ることなく500を超える問い合わせを受けている。

<参考URL>
革命的新素材「LIMEX」(ライメックス) https://tb-m.com/limex/
石井食品とTBM、環境負荷軽減に向けた基本合意を締結 https://tb-m.com/news/#8315

コメント

タイトルとURLをコピーしました